銀行カードローンなび

銀行が提供しているカードローン

個人の消費を手助けするための商品である個人向けカードローンは、消費者金融の専門的なサービスとして知られてきました。申し込み当日からの利用が期待できる短時間審査が行われており、急いでいる時の利用に向いている内容です。現在では、他の金融機関も同様のサービスを用意するようになっています。

銀行カードローンは、銀行本体が行っているカードローンに対しての名称です。銀行という金融機関の商品という事で、消費者金融やクレジットカード会社のカードローンとは基準となっている法律が違うという事から独自性を持っているのが魅力です。

消費者金融やクレジットカード会社のカードローンは貸金業法により規制されているのですが、銀行カードローンはこの法律の対象からは外れています。既に銀行法という貸金業法とは異なる法律により規制されているからです。このために、貸金業法の総量規制等の規則は、銀行カードローンに影響を及ぼす事がありません。
参考:即日キャッシング.com

専業主婦も利用可能な銀行カードローン

貸金業法の総量規制とは2010年の法改正の施行により加えられたもので、借り入れの総量は年収の3分の1以内に制限するという内容です。この規則により、消費者金融やクレジットカード会社のカードローンは、利用できる金額に法律的な制限がかかるという事になります。収入を持たない専業主婦の場合は、多くの商品では利用対象外としています。

銀行カードローンはこの規則とは無関係であり、年収により利用額が法律により制限される事はありません。このために、専業主婦でも利用できる商品が多数用意されています。専業主婦個人が審査対象となるので、配偶者に知られずに利用する事が可能です。

銀行という金融機関の特徴を生かした商品内容となっており、消費者金融やクレジットカード会社のカードローンよりも低金利が設定されているのも魅力です。同じ金額を同じ期間利用するのであれば、返済額が少なくなるというメリットがあります。

Copyright© 銀行カードローンなび All Rights Reserved.